枯れ木でも役に立つ~再生方法~

木の生命力

男性作業員

枯れ木であっても、今まで丹精込めて育ててきた木であれば思い入れがあって処分できないという人もいるでしょう。実は、枯れている木でも根っこの部分が生きてさえいれば復活する可能性があるのです。

枯れ木の枝を挿し木にしていたのですが、3か月後に芽が出てきたので凄く感動しました。(30代/主婦)

まだ元気そうな枝があったので、それを鉢に入れ替えておきました。根気よく世話を続けていたら、なんと3か月後に新芽が出てきました!枯れ木だと思っていましたが、どうやら根っこの部分は枯れていなかったようです。

試しに乳酸菌をかけてみると、枯れていたはずの木から新芽が出てきました。(40代/大学教授)

完全に枯れているわけではなかったので、ほんの出来心で試しに乳酸菌をかけてみました。春になり暖かくなってきた頃に鉢を見てみたら、木から新芽が出ていました!縮こまっていた葉っぱも元気に開いていて、木の生命力の強さに驚かされました。

インテリアにも使える枯れ木

大木は家具になる

手塩にかけて育ててきた大切な木が枯れてしまったら、どうにかして再利用できないものかと考える人は少なくないでしょう。大きな枯れ木は椅子として生まれ変わらせることが可能です。また、大きい枯れ木は古民家建築の材木として使われることも多いです。強度を維持するために大きくて太い枯れ木は最適なんだそうです。

枝をおしゃれに

枯れ木はお役御免だと思っていませんか?たとえ枯れていたとしても、再利用の方法次第では枯れ木で部屋をおしゃれに演出することもできるのです。電球の土台に枯れ木の枝を貼り付けるだけで、おしゃれなランプシェードが出来上がります。枝の間からこぼれる光が温かい雰囲気を醸し出してくれますよ。

TOPボタン