枯れ木の伐採~業者が行なう作業とは~

安全に配慮した作業

作業員

専門業者による庭木の伐採は安全性が高いと言われていますが、それにはちゃんとした理由があります。ここで、業者が伐採作業時に行なっている安全対策を確認してみましょう。

木の倒れる方向を決める
まず最初に木が倒れても大丈夫な方向を決めます。庭木に加わる力を調査や測量で確認して、木を倒す方向を決めます。もし切り倒すことができない場合は、「吊り切り」といった方法で上から徐々に伐採することも可能です。
効率的な切り方
木を倒す方向が決まったら、木を切る作業に移ります。周囲の安全を確保するために、交通整備員が立ち入りを制限します。木の切り方にはマニュアルがあり、それに沿って作業を進めることで事故を防止することができます。
正しい管理
伐採した木は資源として再利用されます。処分してしまうよりは、私たちの生活に役立てたほうが環境にも優しいです。丸太に加工をした後で、材木置き場に運搬します。

伐採後の抜根~やるかやらないかはあなた次第~

抜根とは?

伐採は庭木を切り倒す作業なので、伐採が終わったら切り株が残ります。切り株をそのままにしておくかは個人の自由ですが、そのまま放置しておくと生長してきます。それを防ぐための「抜根」という作業があります。伐採業者が行なっている作業の一つで、切り株を根元から抜くことで今後生長してくることもありません。抜根の費用は伐採と別で発生します。

抜根をするメリット

伐採を行なった後は、抜根もしてもらったほうがそのまま放置しておくよりもメリットがあります。まず、抜根をすることで庭のスペースを広く使えます。そして、害虫も寄り付かなくなります。切り株をそのままにしておくと、シロアリがそこに巣を作ってしまうことがあります。抜根をしておけばその心配もありません。ただし、抜根の費用は業者によって異なるので、事前に確認しておきましょう。

TOPボタン